FC2ブログ

マネーフォワード For BUSINESS

年末を迎え、そろそろ確定申告のことを考えなくてはいけない時期になりました。私の経験では、いちばん面倒なのが入出金の整理・仕分けであり、後回しになっていた領収証の分類や勘定科目の決定などを一つ一つやっていくという作業が必要になってきます。
会計業務を楽にするためのパッケージソフトはいろいろと市販されていますが、個人の確定申告レベルではやや大げさと思われるものも多いです。現在のIT状況の中では、クラウドの形で提供されるツールを必要に応じて機能を選択して使うというのがスマートなような感じがします。先日、「マネーフォワード For BUSINESS」というクラウド型のサービスが公開され、これが確定申告などの会計業務に役立つというふれこみであるので、まずは体験してみることにしました。

『マネーフォワード For BUSINESS』β版
http://biz.moneyforward.com/

銀行やクレジットカードなどの口座を登録して、入出金の情報を一括で管理する家計簿型のサービスにはなじみがある方が多いと思いますが、この「マネーフォワード For BUSINESS」は、これを確定申告などの会計業務に応用したものと言えると思います。ですから、まずは、入出金データを自動取得するために金融機関の登録をすることになります。

s-mf1.jpg

このような画面で利用している銀行を選択し、口座番号等を入力していきます。

s-mf2.jpg

これにより、金融機関の入出金データを自動で取得することができるので、手入力の手間がなくなりますね。
さらに、現金での取引など領収証などで把握されている入出金を入力して加えていけば、金銭の出入りについてはいちおうの一覧表ができあがるわけです。

s-mf3.jpg

そして、その仕分けについても、文言などをもとにある程度までは自動で仕訳作業が行われ、必要ならこの画面で修正入力していくことができます。決算時にもっとも手間を要するのがここまでの作業であることを考えると、銀行の入出金の取り込みと自動仕分けが行われることにより、作業量の大幅な低減につながるのではないでしょうか。ここまでひととおりの分類ができていれば、申告書の作成はかなり楽にできると思います。
実際に確定申告をしていると、いちばん面倒なのは、申告書の作成そのものではなくて、その準備作業の部分にあることを感じている方が多いでしょう。あちこちの銀行に分かれている通帳の入金・出金の分類、山のようにある領収証の分類・仕分け。この部分はどうしても力作業になりがちですが、「マネーフォワード For BUSINESS」の活用によって単純作業はかなり少なくなりますから、あとは頭を使わなければいけない部分に集中していけば、いつのまにか申告書作成の準備作業は終わっているという形になるわけです。

「マネーフォワード For BUSINESS」は現在β版として公開されていますが、ひととおりの機能はすでに実装されており、しかもβ版期間中はすべての機能を無料で利用することができます。また、すべての機能はブラウザ上から利用できるので、Windows・MacなどのOSを問わず、iPadなどタブレットでも使用可能です。大げさなパッケージソフトを入手することなく申告準備がブラウザ一つでできるという点は、手作業だけで申告作業を行っている多くの利用者にとっては、まずは使ってみたいと思わせるのに十分なメリットであるといえそうです。

[PR by ブログタイムズ]
スポンサーサイト



comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマゾン
提供
ランキングその他
サイドバー

PR

アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム

アクセスリンク
かんたん
ハワイの情報収集ならココ!
おすすめサイト
Trend
広告
バナー
プロフィール

tatata

Author:tatata
tatata0000.blog122.fc2.com

最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
Link
最近のコメント
リンク
RSSフィード